クリーニング屋さんに洋服を預ける際に、スタッフさんにあれこれ質問されて、けっこう時間がかかったことはありませんか?

後ろに他のお客さんが並んでいると気になりますし、急いでいる時などは、少し面倒臭く感じてしまうこともあるでしょう。

服のコンディション確認はお店に頼らない

お店側だって、カウンターの回転も悪くなりますし、できれば確認に時間をかけたくないというのが本音。でも、店頭での念入りなチェックは欠かせないものです。

お店で確認するのは、おもに以下の項目です。

  • 取り扱いできる素材かどうか
  • 目立つシミや汚れがないか
  • 穴があいていたり、ほつれているところはないか
  • 付属品の有無

預かりの際の確認を怠ると、クリーニング後、思ったような効果が得られないなどのトラブルが起きる可能性があります。できればお店任せにせず、あらかじめ自宅で、洋服の状態をよくチェックすることをお勧めします。

うっかりミスは見逃さないで

まず、自宅の洗濯機で洗う時にもうっかりやってしまうミスには気をつけましょう。

ポケットの中は空になっているか
中身によっては、衣類を損ねる場合があります。ポケットを確認するついでに、底に穴が空いていないかも確認しておくと良いでしょう。硬貨や常備薬などが穴を通過し、衣服の表地と裏地の間に入り込んでしまっているかもしれません。

ボタンやホックが取れかけていないか
クリーニング後に紛失の可能性があります。つけ直すか、はずしておくと無難です。

複数の衣類を一度に預ける場合の注意

一度に何着も預ける場合は、お店での確認に備え、預ける洋服について整理しておくことも必要です。

予算を把握する
普通は、洋服の種類によって料金が違ってきます。ワンピースが、お店の目ではコートとみなされたり、別素材のベルトやフードは別料金の場合があります。

素材、オプション加工希望などを明示
衣服ごとに、素材やシミの有無、防水加工などの希望を書き出しておくと、店頭でスピーディに対処でき、言葉の行き違いが原因のトラブルも防げます。