学生の制服が一斉に変わる6月や10月は、家庭でもそろそろ今まで着ていた服を収納し、新しい季節の服を取り出す「衣替え」の時期。レイヤードファッションが定着し、素材やデザインに関して季節感が薄れたとはいえ、やはり日本の風物詩として現在も残っています。

賢く衣替えする秘けつ

衣替えに禁物なのが湿気。ですから、晴れの日が続き、空気が乾燥した日が適しています。できれば午前中から始め、早い時間帯に終わらせるようにしましょう。

オフシーズンの衣類は、必ず洗ってよく乾燥させます。汚れが残ったままの衣類が混じっていると、カビや臭いの原因になりますし、清潔な衣類にも影響します。一度でも袖を通した服は必ず洗いましょう

ドライクリーニングに出したスーツ類は、ビニールカバーを外して一度風を通し、溶剤を完全に抜きます。そして、型崩れを防ぐため、できるだけ針金ハンガーではなく、クッションのついた厚みのあるハンガーに掛けなおしましょう。さらに、ホコリを防ぐためのカバーをそれぞれにかければ万全です。

押入れケースにしまう場合は、ていねいにたたみ、あまり詰め込み過ぎないように重ねていくと、次のシーズンにすぐ着られる状態を保てます

収納が済んだら、乾燥剤と防虫剤を入れ、虫食いやカビの発生を防ぎます。防虫剤は気化すると下方に流れますので、吊るすタイプのものが効果的です。

便利な「保管&クリーニングサービス」を利用

衣替えの時期は、仕事や家事も何かと忙しくなり、実際はなかなか進まないものです。小規模な賃貸部屋だと収納スペースも限られており、多くの方が洋服の収納に苦労しているのが現状です

そんな悩みを解決できるのが、衣類クリーニングと保管をセットにした「保管パック」。このサービスは今、とても人気があります。

クリーニング業界の特徴は、忙しい時期と落ち着く時期がハッキリしているところです。年に2回の衣替え期は最も忙しく、作業ラックは衣類で隙間なく埋め尽くされてしまいます。

ところが、その波が収まると作業量も落ち着き、衣類を収める作業ラックにも余裕ができます。そこで、そのスペースを使って、クリーニング済みの衣類をそのまま預かり、安全に保管して次のシーズンに返却するサービスが生まれました

保管サービスは、押入れをひっくり返して衣類を入れ替える苦労も解消されます。何より、自宅より環境のよい場所で保管されるので衣類にも優しいなど、メリットの多いシステムです。多忙な方には、ネットでいつでも申し込めて、注文から受け取りまですべて宅配で行ってもらえる業者さんがおすすめです。

キレイに仕上がる宅配クリーニング店比較ランキング