皆さんは、クリーニング店を利用する頻度はどのくらいでしょうか。「一度着たら必ずクリーニング」という方から、「シーズンごとにまとめて出す」という方までいれば、「クリーニングには出さず、みすぼらしくなるまで着たら新しい服を買う」という方もいて、かなり開きがあるようです。

服にとっては、どれぐらいの間隔で洗うのが良いのでしょうか?

汚れを放置するのはご法度

汚れた衣類をそのまま放っておくと、空気中の水分や酸素で、繊維についた汚れが化学反応を起こし、プロでも手こずるガンコな汚れに変化してしまいます。

目につきにくいホコリ汚れなども、きちんと処理しておかないと繊維劣化の原因になります。 また、汚れは菌類にとってはおいしいエサ。時間が経つにつれて細菌がどんどん繁殖し、いやな臭いのもとになったり、素材によってはカビが発生することもあります。

汚れを取り除き、洋服の風合いや通気性などの機能を保つためには、手おくれにならないうちにクリーニングするのが理想的なのですが、あまり神経質に考えすぎるのも良くありません。一般的に、プロが行うクリーニングは衣類を傷めにくい方法を採用していますが、それでも頻繁に繰り返せば、やはり物理的な摩擦や洗浄薬品での繊維劣化は避けられないからです。また、家計の負担も心配です。

衣類にも財布にも負担のないタイミングで

礼服など、着る機会が少ない衣類は、着用後に必ずクリーニングしてから保管した方が良いでしょう。しまっておく時間が長く、急に必要になることが多いので、できるだけトラブルがないようにしておきたいものです。

スーツやコートなどシーズンごとに着用頻度が高くなる衣類は、よほど激しく汚さない限りは、着用後にブラシでホコリを落とすなど、普段のケアでクリーニング回数を減らすことができます。

その代わり、衣替えの季節になったら、一度すみずみまで服をチェックしてみましょう。普段は気付かなかったシミや汚れが見つかるかもしれませんから、必要に応じ、クリーニングに出す時にお店に対処してもらった上で保管すれば万全。次のシーズンも、気持ちよく着ることができるはずです。

クリーニングに出す時期を決めたらこちらをチェック!