最近は、ドライマークの衣類が洗える洗剤が売り出され、また「ドライコース」のボタンがある全自動洗濯機も年々増えているようです。

この時流で心配なのは、ドライコースを使えば、お店に出す場合と同じことが家庭でできると思い込んでしまう方が増えているのではないか、ということです。

ドライ指定衣類が洗える洗濯機とは

水を使わず、汚れを落とす特殊な溶剤と専用の洗濯機を使って洗うのがドライ式です。

ところが、家庭用洗濯機では、水を使った洗濯しかできません。つまり、「ドライ式で洗濯ができる」のではなく、「ドライマークのついた衣類が洗える」繊維に優しい洗濯コースや洗剤が開発された、ということに過ぎないのです。決して「水洗いできない服が洗える」わけではないのでご注意を!

衣類を傷めない洗い方

洗剤のタイプを選ぶ
ドライマーク指定の衣類は、縮みや型崩れなど、水洗いによる繊維の変化を起こしやすいため、繊維を保護する成分が含まれた専用の洗剤が必要です。「おしゃれ着用」として販売されている洗剤には、シリコンなどが繊維をコーティングし、ダメージを最小限にする働きがあります。

衣類は終始デリケートに扱う
水に浸している時間が短いほど、色落ちや繊維の変化を起こしにくいので、洗い・すすぎ・脱水のプロセスのすべてをできるだけスピーディに済ませることが成功のポイントです。
また、水を通す時は、極力ソフトなタッチで。特にウールは、水中で動かしてしまうと繊維が絡み合ってしまい、縮みなどを起こしてしまいます。洗剤に漬けるだけでも汚れは取れますので、できるだけ動かさないことが大事です。

家庭で洗わない方がよい衣類

水に浸すと色が浸出してくる洋服、プリーツやシワなどの加工を施したもの、革製品や着物など特殊な衣類は、無理に家庭で洗わず、専門店に頼んだ方が無難です

ウォッシャブルタイプなども登場しているスーツ類も、アイロン仕上げにテクニックが必要な通常仕立てのタイプはプロにお任せした方が良いでしょう。